風水

風水

玄空風水から下元第九運時代の明暗を占う

現在は下元第八運で、後4年を切ってますが、2024年2月4日から下元第九運時代に突入しまます。 しかし、2月4日という旧暦の切り替わりも太陰暦のため、実は固定されてません。 その意味でいうと、1月中には切り替わってる感じになり...
風水

玄空風水術が人生に与えてきた恩恵

生年月日などの運の対策 持って生まれた運や過去世からの宿命など、そもそもスタートの時点から大きな格差というものがあります。 持って生まれた運は四柱推命で運の良い時期には大きく動き、運気が低迷する時期には土台固めをしっかりやる繰...
風水

同じ場所で繰り返す事件と事故、大凶を招いた線路沿いの物件

線路沿いだと、一見すると向かい合う家がないため前面が開けていたりとストレスが少なさそうに錯覚して入居したりしますし、駅に近いという理由で入居しますが、風水的な部分からみると大凶です。 線路は川に例えるわけですが、ゆっくり流れる川は良...
風水

運命と風水と人生に大きく影響する順番を把握する

間違った学習と努力を一番上に持ってくることが不運 本当に重要な順番というものを間違って教えられて人生を進むことが、どれだけ危険で無意味な時間を過ごしているかということを早い段階から知ることが鍵となります。 学校の勉強をして努力...
風水

玄空六法の二元八運では地運で第九運の影響が出ている

玄空風水には玄空六法もあり、二元八運の時間軸で成り立っています。玄空飛星の三元九運と違い、時間が運ごとにランダムな傾向があります。 三元九運での下元九運は2024年からの20年で、時代の変わり目が20年間隔で2044年までなのに対し...
風水

玄空風水の大三元540年サイクルから見た今後の時代

玄空風水の三元九運の時間軸で見た場合、現在は下元の第八運にいます。 1864年から、今回の180年サイクルはスタートしていまして、丁度、幕末から明治維新へ進んでいく芽生えの時期、上元特有の気のように思います。 三元九運も生老病...
風水

本物の風水を知り運気を上げて危機の数々を回避していた

長い「どん底生活」で運気の存在を考えるように どん底生活を長いこと続ける中で、嫌でも運気の存在に気付き、努力だけでは乗り越えらない局面や流れが存在することが分かりました。 そして、そういった流れにはタイミングや周期が存在し、気...
風水

2021年2月3日からの玄空風水での対策と戦略

いよいよ年の飛星のパワーが新しく切り替わり、新しいほうのパワーが増していく段階にきております。 ゲームのように節分を境に急に切り替わるというのは自然界においては基本的に無いため、すでに災厄の星である五黄は東南へ、病符星である二黒が北...
風水

運とは一体なにか?運についての見解と古代風水

変幻自在で実体も分からず現在過去未来のどこにでも出現する 科学で明確に運という存在の姿を捉えることは現状ではまったく追いついていないと思っています。 体感としての運を語らせていただきますと、運というのは変幻自在に変化をするもの...
風水

運勢が悪い時に金運と錯覚する出来事があり勘違いして転落

本当に運が良いというのは無病息災で子孫などに恵まれることだった 無病息災で暮らせるのを目指すことが元々は幸福の姿であり、つつましくも良縁に恵まれて子孫にも恵まれていくことが幸せの姿であったのですが、金とあり余るほどの財物が成功の頂点...