経済

経済

世界経済のリスクが加速し日本も急速に危険な雰囲気に

増税の10月を前に危険信号が灯る 国内は10月の増税を控えてますが、何もなくても景気が悪化するところ、世界のリスクも立て続けにあって、加速してるのを実感しています。 通常であれば増税前の駆け込み需要があるはずなんですが、今回は...
経済

物質文明の終焉へ中古品で揃えて訳あり品や賞味期限も気にしなくる

景気レベルの話しではない可能性 私も「「なぜ物が売れず、外食なども下火になったか?」を良く考えていました。 景気が悪いとか、貧しくなったとかの部分をまずは答えとして考えていました。 もしかしたら、景気のサイクルのようなこ...
生活

金持ち生活と貧乏生活の人生が逆転してしまった内容

年月を経て環境が逆転してしまうことがある 内陸の海が無いエリアの山間部の豪商の家にまつわる兄弟間での格差という背景でした。 元々は豪商ということで、生まれついての富裕層で、家を継いだ長男は継いだ時点では富裕のままで、貧乏とは無...
生活

冒険しちゃう?リゾートバイト人生と結果

人生の選択にも色々な形がある 昔ほど、人生にレールの型にはめることを周囲は徹底していたと思います。 それは、右肩上がりでの経済成長が永遠に続くような神話の中で生きていた、歴史でいうと、ごくわずかな世代によっての長い年月からみた...
経済

本当に黒字を出していた中小企業の中身を知り脱帽

赤字にならないためには驚く工夫があった 中小企業のほとんどは、現実は赤字です。資金繰りをして、体面だけの見える部分では存在をしているために、意識をしなければ大変であることが外側からは見えてこないものです。 たしかに、バブル期を...
経済

砂上の楼閣を築いてきた経済から学ぶ今後の展開

わざと壊れやすく作っていたものが多いと感じた。 過去において、経済状態が良かった時代がありました。けれども、それが良かったかと言えば首をかしげなくてはならない品質が蔓延し、砂上の楼閣のような経済が幻影として現れていたようにも思います...
経済

気候までもが経済に味方をしなくなった国のゆく末

物事には移り変わりが必ずあり冬の時期を過ごしてるのが今 夏といえば、本当はバカンスのような雰囲気を持っており、昔はイメージした通りに売上があがり、アーティストを起用したサマーソングで相乗効果が上がったものでした。 ジャケ買いと...
経済

世界経済大崩壊と株大暴落の隙間に生きる

世界的規模の株の大暴落の警告ランプの点灯 はるか昔にドイツのヒンデンブルグ号という飛行船があって、ナチスドイツが威信をかけた当時ではテクノロジーを駆使した夢の乗り物として、贅の極みでもありましたが、大爆発事故をドイツではなくアメリカ...
経済

起業せずに節約をして富裕層になった家族

起業と就労とでの違いを把握しないといけない就労編 節約を続けても楽にならないという話題がありますが、半分合っていて、根本は間違っています。 それは節約に至る経緯が関係しています。本格的に節約を開始するのは、明日からかどうしよう...
経済

景気後退へのリスクが拡大し続けている

体感景気がさらに悪化している 定点観測をしていて、個人の直売所で体感景気を聞いてみると、売れ行きは昨年同時期の半分以下という状況で景気が悪いと言っていました。 一袋100円の野菜で栽培にもこだわっていて、問題らしい問題はないよ...
タイトルとURLをコピーしました