2021年から変わって欲しい流れと間違った方法

まず大きく言えることは、月10万円の個人給付をしたほうが色々と解決するとは思います。

財務的に負担が大きいので、4人程度までとかの一家あたりの金額の上限であるとか、その他に扶助されてる場合は差し引いての給付だったりでも良いとは思います。

たしかに富裕層には貯蓄に回るから意味も無いという論理もありますが、自分の知人でも手続きが面倒でやっていないという人もいたので、全員が申請する訳でもないため、その当たりは実際より給付額は少なくなると思いました。

マスクを配布したりとか意味のないことをやるよりも、給付された10万の中で買いたい場合は買っていけば良いだけなのです。

事業に関してもコロナ前から厳しいところは厳しく、コロナが明けてもても厳しいわけで、かえって庶民が使える資金が尽きることが一番の問題な訳です。

地の時代から風の時代に価値観が大きく変わるため、質素でも幸福を得られるような生活スタイルやマインドが大事になります。

美味しいとかの満足度は「腹が空いてるかどうか?」の基準が大きいので、贅沢し続ける事で得られるわけではありません。このあたりの価値観を変えないといけません。

「1000円のメニューを500円にすれば良いと思うんだけどどう思う?」と相談された際に、顧客が倍きてスタートラインだから辞めたほうがいいよと回答しました。

単純に脳内で簡単に解決すると考えがちですが、そもそもそこがじゃ無かったりします。

けっきょくは500円に下げても客は倍にはならず、500円だからサービスを削り500円らしい内容となり、客層も余計に金を使わない客層になりました。

もちろん客が増えた分、忙しくなったにもかかわらずに売り上げは下がったのでした。

営業時間まで長くしたので過労にもなりました。客が多くなった分クレームも増え大変なことになったのでした。

本当にそういう意味では予約客だけにしぼって、あわせて仕入れをしてる高単価の店がリピーターも付いたりして良い例でした。個室予約客のみでソーシャルディスタンスに最初からなっており、

ランニングコストも最小限に抑えられてる訳です。

やはり危険なのが、住む場所も賃貸で店も別に賃貸で従業員が多くメニューが低価格というジャンルです。

予約オンリーの店は所有物件自宅で家族経営で高価格帯のためダメージがほぼ無い形となりました。

ようするに、店だけでなく、すべてにおいて流れがそうなるのを考えた方が良いと言えるのかもしれません。