飲食費を月1万~2万で抑えても満足するための内容

飲食費は変動費として大きいため節約額が大きい

各種コストを工夫して、一ヶ月単位のコストを落としていく中で、固定費であるとかは契約次第で大きく下がっていくと思いますが、私が感じた中でも飲食代というのは実にバラエティに富んでいます。

私は各種の節約を進めていましたが、最後まで飲食代が減らせない壁というのが残っていました。

けっきょく思考を大きくチェンジしたことで、そこを突破できました。

ブランド志向が飲食に残っていたり、健康の知識もそうですし、これだけは落とせないというプライドのようなこだわりも、ずっと邪魔をしていました。

激安にして健康を代償にしたのかというとそうではなく、支点をずらしたというか、少しの工夫を加えて力点をずらしたことが大きいのかなと思っています。

物価高騰でも安くするための工夫とマインドを変える

もちろん枝の先まで物価上昇は押し寄せていて、白金の有名洋菓子店が廃業したりと、かなり材料費が圧迫してるのが大きい昨今でして、バニラビーンズのマダガスカル産は数百倍に高騰するなど、本物にこだわり大ダメージを食らうケースも増えてきました。

本来であれば本物が好きなので残念なんですが。。。

私は、パンも食べたくなることがあり、こだわって一斤で600円位するものを買っていました。他で節約してるからご褒美のような感覚もありました。惣菜パンや菓子パンはもっと高いですし、こだわり志向だったので、エシレバターやオーガニックのジャムなど付随するもの全てが高額になってしまうんですね。

一大決心でしたけど、そういった志向を解除してみたんですね。そうすると、今までは達成することが不可能だった世界へと突入することが出来ました。月1万以下、月1~2万という食費の世界というのは、いくら節約していても縁が無いと思っていた世界でした。

それでは商品ごとに内容と戦略をやっていきます。

食費を安くあげるための食品達

米などの主食や麺類

以前であれば米は魚沼コシヒカリや長野県飯山産コシヒカリ、会津コシヒカリなど指定したり、それでも節約をすすめ最近まで富山産コシヒカリなど県単位で銘柄を指定して購入していました。そうすると10㎏あたりで安めで4000円程度です。

しかし古米を家から発見し、もったないないからとチャーハンにしたらいけまして、そこからブレンド米の激安品に一気に傾いたのでした。味は気になることもなく普通に美味しかったので、激安米にしました。

3ヶ月分の量になるため、一ヶ月1700円~2000円というところです。この価格になると小麦粉の激安と大差ないですね。

それからスパゲティですが、これも安いので業務スーパーなどを利用してたんですが、太いのを見かけなくなり、その代わりに1・2ミリなどの極細が主流になってきていて困ってます。食べてみましたが別物で無理でした。。。ネットで国産パスタを見付けてきて、それを調理する前日など水につけておくと、非常に早く茹で上がってガス代も気になりません。

専門店が使う極太パスタでめちゃくちゃ旨いです。この食感で作れて、専門店で食べるより旨いようなものが作れてまして、やはりソーセージが一番相性が良くてですね、生肉は洋食系でカツレツだったりソテーに向いてます。ソーセージやベーコンはパスタ以外でもスープや煮込みでも使えて旨いですね。

極太パスタは1㎏換算で400円と少し高めですが、淡路島の新たまねぎ、ミックスハーブ、ニンニク、ソーセージにパスタの茹で汁を加えてソースとケチャップでよく絡めていくと、脳髄しびれるレベルで旨いと感じてます。もっちりと汁が少なめまでやるのが秘訣です。パスタ料理をするペースは2~3日に一回で、使用量200グラムですから月で1000円程度です。

パルミジャーノチーズが残ってるので使用してます。私は油は安いのにしてますが、バターで絡めて調理すると危険レベルの中毒な旨さになるので、あえてグレードを下げてます。連日で中毒状態で食べて動けなくなるほど余計に食べるのを避けないと危険なためでもあります。

それから蕎麦は普通は高いんですが、業務用の麺類を破格で扱う場所もあります。他の麺類と蕎麦の価格差が少なく蕎麦を贅沢に、天ぷらと一緒に食べ放題できます。

②肉類や魚介類

どうしたって牛肉は高いので、和牛は切り落としでも年に数回、すき焼きで食べる程度ですね。なかなか世間で安いとなると鶏肉になりますし、外国産のモモ肉になるかと思いますが、鍋物でも美味しくとなると国産のものを使用しないと厳しいです。

胸肉はチキンカツには良いですが、万能に美味しくて安いのは手羽元も良いですね、から揚げから鍋物まで使えますし、鍋のスープは蕎麦や「うどん」として次のメニューにも活用できます。和風ダシや、ホタテパウダーなんかを加えてアレンジしても大変に旨いスープになります。

それから魚介類は高いですね、以前はシーフードミックスをカレーに入れてみたり、お好み焼きに使ったりもしてましたけど、キロ単価でみると安くもないです。魚介類を工夫して入手しなければなりません。アラを入手したりスポット品も使用します。

激安で大量買いして冷凍することももありますが、週一回ほどのペースになったり、毎日食べられるときもあり、安定はしません。金額にすると月に1500円ほどでしょうか。

そして肉もソーセージやベーコンも最近はキロ1000円程度か、あれば1000円以下で探しますね、これはメインで食べるというよりもパスタなどに使うと味が良いので使用します。パスタなら、ソーセージ1~2本を入れる感じです。月に1000円以内です。業務スーパーのは、つなぎが多すぎたので、肉の含有が多いのを選ぶことも多いです。

③野菜やフルーツ

節約の定番は「もやし」ですが、日持ちの関係と分量からみたらそうでもないため、大根の巨大サイズを狙ったりします。それとレタスとキャベツならキャベツのが量が多いですが、価格でも選びます。野菜は直売所が多いですが、玉ねぎなどはネットが安いですし、冬や春はジャガイモもネットのが安い場合があります。

今後はナスやキュウリ、トマトなどがシーズン的に価格が下がってくると予測できます。野菜は天災があると高騰するので要注意ですね。路面店よりネットのほうが価格の変更が遅い場合があります。

果物はバナナもネットも価格が上がりましたねー、以前はスイカの特大サイズとかマンゴーの訳ありを狙っていました。マンゴーは高いし、皮を向く手間と種が大きいので冷凍を活用すると良いですね。スポット品が出たら買いだと思います。バナナはスポット品の皮をむいて冷凍すると長く使用できてCPも最高で健康にもベストです。

④調味料の油やソースや塩など

本当はオリーブ油が良いのですが、使う量を最小限として安い油を使用しています。それでも加熱しなければ大丈夫な油のため、塩胡椒と酢と油でドレッシングにしています。これがマヨネーズにそっくりな味で、卵黄が入ってないだけなのですが美味しいし、ドレッシングって高いのは凄く高いので、ずいぶんと安く作れることになります。

ソースですが、お好み焼きも作るのでオリバーなどの関西系のソースを中心に安いのを使います。カツレツや揚げ物にかけても美味しいですね。お好み焼きはキャベツだけを具にし、卵は最近はパンケーキでも生地に入れないので、お好み焼きにはさすがに「鰹節」は使ってます。鰹節が加わり、マヨネーズとソースが合わさると肉無しでもメチャクチャ旨くなるから不思議です。

醤油は高いので、塩が量が少しでも味付くため、塩分調整は塩が多いです。味噌汁は味噌で、最近は鰹の本枯れ節でなくて粉末の激安品を使いましたが、けっこういけました。

それと思ったよりも味が濃いので少なく使用してるのでずいぶん使えそうです。

まとめ

納豆や豆腐なんかも業務スーパーで買うことが多いですね、ちなみに厚揚げは木綿豆腐を水切りしておいて、素揚げにすると安いです。それにしても物価がジワジワ上がってきていますね、1万以下は物物交換や採集で収穫がないと厳しくなってきました。

ずっと卵と「もやし」と袋麺というのはやりたくないんですよね。。。1~2万の範囲であれば充実しつつも自炊オンリーでいけてます。

外食は、年に何度かとかの知人宅での食事なんかも外食と捉えてもよいでしょうし、お茶と菓子を訪問先で出されたらカフェに行ったと思って前向きにとらえると満足できます。

食事パターンはメインの2食に、ときおりオヤツ程度に間食をはさんで、そこで自家焙煎珈琲を飲みます。

リゾートバイトに行ったときは3食昼寝付きでオヤツも出たので、長時間労働でしたけど良かったですね。

私が行ったのは景色の良い長野県の高原でした。食べ放題飲み放題で田舎好きならお金も使う場所もなく丸々貯まりました。現在のほうがかなり質素なんでリゾートバイトってけっこう良いんですよね。食べて飲んでお金も貯まるって今思うと凄いと思いますね。

飲料代は月1000円以下ですけど、珈琲が飲めるので満足です。珈琲豆は冷凍すると長持ちします。スポット品の生豆を焙煎すると最安かと思いますし、味も高級喫茶に負けないくらいに焙煎できてますので、カフェにはいけなくなりました。 

『節約は大きなチャンスを待つまでの間には大事』
運の勉強を始める以前に私を守ってきたのは間違いなく節約であったと断言できるほどの威力を持ってます。 節約も簡単なものから大変に威力のあるものまで多岐に渡ります…