食事の時間や回数について野生動物を観察して気付く

日本人は飢餓に強くて飽食では病気になりやすい

私達は過去を逆上ると、長い期間において飢餓状態でした。飽食になってきたのは高度経済成長期に日本が入ってからのことなので、なんとも飲食に不自由しなくなったのは、最近のことなのです。

私も肉体労働をしていた時期に、戦時中に生まれた人や戦争を体験した人達が、「最近の若い奴は図体がデカイ割りに力も体力も無い」とよく言っていたのを覚えています。

お年寄りのイメージというと腰が曲がって若い人が支えないと歩けないようなイメージされがちなんですが、昭和の初期生まれ頃まで化け物のような体力を持つ人がまだ多く残っていました。

ちなみに米は5キロとか10キロが一般的で業務用のを持てない婦女子も多いため、玄関先まで運んでくれる配達員には重宝するようですし、昨今は業務袋でなく、5キロづつ小分けされたのが人気の主流です。

昔の一般的な体力は現在では化け物扱い

どれほど昔の人の体力が凄かったというと、まだ昭和の高度成長期に入るか入らない頃は米が60キロで、農家の人は60キロのものをトラックの荷台に積んだりしていました。ブラジルの開拓に行った人が切り倒した丸太を担いで運んだりしていたのです。

水分を含んだ丸太がどれだけ重いか、今の特にデスクワーク中心の人は持ち上げるのも厳しいほどビクともしません。。。

江戸まで逆上ると、女性が米60㎏のを5個背負う(300㎏)こともあり、背負うのは少し違いますが、おんぶがどれだけ今はキツイかやってみると分かります。

馬鹿力の人だと、持ち上げる動作で200キロ台の石を持ち上げたという記録もあります。

江戸時代にブームになった「力石」というナゾの遊び
江戸時代に流行った石を持ち上げるだけの遊び「力石」。ブームの痕跡をたどった。 (榎並紀行)

戦国時代はめちゃくちゃ重い鎧をつけて馬に乗ったりしながら戦った訳ですから凄いです。。

日本武士と西洋騎士の鎧・甲冑の防御力と重量と動きやすさ
前の記事で、日本の武士と西洋の騎士の武器について比較しました。それぞれ特徴があり、武器だけを見てもどちらが強いかは分かりません。合わせて5項目(武器、防具、適応力、戦術、費用)で比較を行っていく中、本記事では「防具」「適応力」について比較をしていきます。武士と騎士の鎧の性能について比較する武士の鎧上の写真は当世具足と呼...

野生のゴリラの握力を測定したら500キロあったと。。。パンチ力は2トンです。リンゴなどもペちゃんこです;a握手したら骨折ですね。チンパンジーでも300㎏、人間のギネスでも200㎏越えてないと思います。

ゴリラの握力と筋肉|握力の平均やギネス記録は?1トン以上!? | 女性がキラキラ輝くために役立つ情報メディア
人間より誇大な筋肉とパンチ力を備えているゴリラ。ゴリラの握力とパンチ力はどれくらいなのでしょうか?さま~ず大竹の番組でも動物界でゴリラは最強だと言われていました。実際、ゴリラの平均握力は500kgほどあり、ギネス記録なのかを本記事で解説します。

その秘密は菜食にあり、ゴリラは植物性のもの、果物や野草や木の実を食べるのですが、その食生活は独特のを腸の中で醸成、空気中の窒素を腸内でタンパク質へと変える菌がいるそうで、昔の日本人は肉食など、生物を殺して食べることを禁止された時期があるため、そのタンパク質の威力が凄まじいまでの体力を作り出していたのではないか?と思われます。

写真で昔の人の肉体をみたことありますが、いわゆるギリシャ彫刻というよりも、ボクサー系統に近いほうのムキムキの肉体でした。ボディービルダーとは違うんですね、マラソンの距離を毎日走っても大丈夫な体力と化け物並の筋力を同時に可能にした身体能力です。

食生活と寿命の関係

寿命に関しては、人生40年と言われ、特に秋田県で一人が6~7合の米を食べて、塩辛い漬け物など少ないオカズで食べる生活だと短命でした。白米じゃなく雑穀や玄米で大根の葉などの野菜も一緒に炊き込んでいれば良かったんでしょう。

白い炭水化物の多量摂取を繰り返し、血糖値のジェットコースターを繰り返すうちに、血管がダメージを受け続けて、脳溢血で死んでしまうパターンが多かったそうです。脚気にもなりますしね。。。;

米6~7合って3日は持ちますからね;

まとめ:私も一日一食とかを実行したことがありましたが、ただの味噌を塗っただけの食事を脳髄がしびれるほど旨く感じて、息を荒らげながらかきこむという危険なモードを呼び込んでしまいます。

現在は4食で、内訳は朝は軽くつまむものとコーヒーやチャイ、昼は麺類が多く(節約も兼ねて)、夕方に軽くつまめる物とドリンクなど、夜はご飯ものとバランスの良い惣菜にしてます。

飲み物を入れることや汁物を付けることで食べ過ぎの予防にはなりますし、飲み物も栄養素が取れるもので糖質は取りにくいようなローテーションを意識しています。

動物などは顕著で空腹だと食い方が異常になり、ガリガリに痩せた状態から一気に太るほど食べます。最小限の食事で最大の栄養摂取するような仕組みがあるようです。

噛む回数を多くすることで腹八分となる、そこへ栄養バランスをカスタマイズすれば、ゴールデンルールが完成します。1日一回や2回だけはそう簡単にはコントロールできないです。。。食べることの感謝を知る意味では、月に一回だけとか感謝や困ってる人の気持ちを分かるためには取り入れても良いのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました