深層マインドを良質に入れ換えるのは最難関作業であり結果は絶大

人生を左右していく物事を大まかにまとめてみる

まず、生まれて来る星、そして国、エリア、家族と、ここまでは自分では決められません。四柱推命が一番、人生のおおまかな運勢を見るのに的確なのですが、生年月日と時刻と性別でそういった趨勢が大まかではありますが、類似性のある人生になりやすいという統計学的な占術です。

それから本物の古代風水術から見ていくと、生まれる家の条件、育つ条件から受ける影響も多いのです。例えば、三元九運の上元、一白水星が主役となった1864年~1884年に家の向きが南北で南西寄りに傾いた物件において、珍しい形の峰があり綺麗な川がある組み合わせの立地条件で生まれた場合、神童が生まれ才知に恵まれた文豪を輩出します。

例えば、中元の1944年~1964年の五黄土星が主役となる五運に生まれて珍しい峰と綺麗な川があるなら、富も地位も極まるとあります。五黄は中宮に配しており、ちょっとボーナス的な運気が後押しする印象です。

例えば、2004年から2024年の八白土星が中心の第八運に南北の向きの家で東南にかかる角度までの範囲の家に生まれ、大きい山と綺麗な川があれば、文才があり、親孝行で君主には忠実な性質で生まれ富もあり寿命も長くなります。

このような風水的なサポートを持つ条件に生まれることさえも自分では決められません。

風水なら住みながらでも変えることが可能で引っ越しで大幅に変わる

風水条件の整った立地に吉日吉方位で新築した風水住宅に転居することで大きく環境は変わっていきます。しかし、元からの持ってる運勢と、運の波のバイオリズムに合わせて動いたほうがうまくいきます。 

運命を大きくシフトすることは可能ですが、生まれ持っての性質というのものが根深いと思います。血縁で顔や形は似ていても、環境以外の根深い性質というものが存在し、これが言うなれば運命の実体部分の大きい場所を操作してる核と見なすことが出来ます。

極悪な性質と負ばかりのマインドを根本に持っていると、悪い癖を指摘されたり、良質なセミナーを受けて触発を受けようが、断固として頑固なまでの負のマインドが瞬間的に事象に合わせて現出し、時には牢獄にまで連れていくのです。

それ以外にも各種の災厄の炎を増す力となり、津波のような動きが想像できる厄災に対しても逆に突っ込んでいく動きとして肉体をコントロールしてしまったりするわけです。

ギャンブルや投資などにも依存症的な方向へと突き進み、借金などの地獄へも進んでしまうことが可能となってしまいます。

自己の一凶との終わりなき戦いが連日続き勝てる回数が増していくことで運命もが変わる

極論から言うと、「平和が良い」という理屈は誰でも知ってる訳ですが、瞬間的に現れてくる狂気をコントロールできずに、国家元主ですら国民の利益を忘れて、負のマインドに覆われて厄災を大きくしている訳です。

解決方法がもう一つあって、純粋に生まれながらにして高潔な異次元のマインドを有した聖人君主のような人が生まれてくることがあります。

これは人間だけとも限らず、動物においても同じ原理が働き、まったくもって平和主義の動物が同一カテゴリーの中で生まれることがあります。

絶対に相手の嫌がることをしないことが、誰にも教えられてる訳でもないのに出来ますし、慈悲を有しており、行動の全てが慈悲のマインドで動いているため、万言の良い言葉を浴びるよりも、その行動の触発を一回受けるだけで周囲は引き寄せられるように良質なマインドへと回転が始まります。

まったくもって不動の心を持ち続けるのは聖人のみで、残りの人は縁しなくなると瞬間的ものごとの連続の狂気に犯されるようになります。

逆にいうと、根本悪のような根っからの意地の腐った人物も生まれてきます。聖人に似たような振る舞いも相手を地獄へと連れていくためには千変万化の七変化のような玄妙な術を使い懐に入れていきます。政治家などの立候補するときの万人向けの正義の化けの皮がはがされたときに、信じていた常人達は知ることになります。

善悪に影響されやすい普通のマインドの人が変わるために出来ること

生まれ持った性質には振り幅はありますが、必ず明と暗があり、生まれた時代情勢によっても損得があります。

烈火のごとく怒って力で引きつけていく時代は終わりをつげまして、現代において、そこのマインドが中心にあると牢獄にまで連れていかれてしまいます。

善を認識し、そこのマインドを目指すわけですが、色々な条件で瞬間的に悪いマインドが現出します。

必要となってくるのが、完璧主義にならず、こだわりを減らして脱力することです。そして、発する言葉や思考などもプラスに意識することです。

しかし、生まれ持った性質によっては、これを変えるのはなかなかに難しく短期間ではできません。

それでも私は浪費が節約マインドに変わったり、依存症から脱却していったのは、時間もかかりましたけど、繰り返しの訓練でした。思考やマインドも訓練し、行動にも移すしかないんですね。

一進一退に見えていたものが、急速に進展する段階があります。私も今年に入って原理は習得しましたので、現在は日々、瞬間的に現出するマインド、実際に負のマインドがいかに多いかが分かります。それでも効果があって、愚痴や悪口が激減し、檄髙することも格段に減りました。

あともう一歩、あともう一歩と、常識の先にある次元が高いマインドが平常運転になることを目指しています。

タイトルとURLをコピーしました