本物の風水を知り運気を上げて危機の数々を回避していた

長い「どん底生活」で運気の存在を考えるように

どん底生活を長いこと続ける中で、嫌でも運気の存在に気付き、努力だけでは乗り越えらない局面や流れが存在することが分かりました。

そして、そういった流れにはタイミングや周期が存在し、気をつけておくことを肝に命じることができるようになりました。

具体的に気をつけることというのは、不運な周期が来ている期間は外出を控えたり、家を建てたり引っ越しやリフォームなどの大きな事はしないという事でです。逆に掃除をしたり節約をしたり、生活の土台を見直し健康も見直すのには適しています。

不運な周期は四柱推命の大運で天中殺が20年で、干支の周期での空亡や大殺界、9年周期での年飛星での厄災が直撃する周期など重なるほど深刻になります。

大木を切るとか大きな穴を掘るだとか、余計なことはしないように気を付け、工事があれば雨戸を閉めたり、不在にしたり色々と対策があります。

どん底生活も長くなってくると、何か大きなピンチがあれば生活が終わることを意味します。

現代風水必携

九星気学の方位術から先に知ることに

生活そのものが詰むほどの生活になって行ったのが、五黄殺方位への引っ越しからでした。

運気の存在を知り、方位での影響をまずは最初に調べ、友人知人などにも、どんなタイミングで病気や事故などがあったかを聞いたりしながら確実に影響することが分かり、抜け出さない限りは60年間も厄災から免れないと危機を感じて、抜け出す方策として吉方位での引っ越しをビジョンの中に入れました。

引き寄せの法則の学習を始めた

引き寄せの存在を知る以前から人知を超えた采配が存在することには気づいてまして、体感的には底まで悩み切った時に開けるということが多いなと思ってました。

引き寄せを理論の上からも勉強してみると、月の新月と満月のタイミングに願いを構えるというルーティーンを知り、そこからはだいたい2週間ごとに願いをアップグレードしています。

月の潮汐は、新月には亡くなる人が増えたり、満月で生まれたり、そういった流れが厳然と存在し、海の波を見ても分かることだったので、信じていた私にはすんなり実行できました。

ピンチの中で藁をも掴む思いで出会った玄空風水

現代風水必携

風水的なことといえば、本物を知る前は西に黄色とか、龍の置物、掃除、断捨離など、鏡を玄関脇に取り付けたりそういう程度でしか知りませんでした。

どん底の生活は事業を窮地に追いやりました。節減と品質のアップ、サービスの向上に勤め続けましたが、火が消えかけた流れは戻ることはありませんでした。

努力しても報われない空虚感と、壊れ続ける設備は水漏れやらの補修費用までかさむようになりました。

玄空風水は運気を調べる中で四柱推命や九星気学なども幅広く調べていくなかで、既存の風水の細かい部分を追う中で偶然の出会いで知ることになりました。

玄空風水は私がそれまで把握していたものと全くことなり、本を読んでみてもチンプンカンプンでした。

けれども突破させたのは死に物狂いの必死なタイミングからでした。普通でしたら、つん読で終わっていました。

私は本で読んだ段階では、あまりの難解さに「あと何年かかるか?」という感じでしたが、事態は風雲急を告げておりましたので、秘儀までたどり着いて危険承知で実践しながら学習することを決意しました。

風水処方をしてから不思議な事と危機回避が同時に起きるように

すぐに結果が欲しいと思われる人も多いと思いますが、実際の感覚からすると、方策をしてすぐに出るものとじわじわと出るものが複雑に絡み合ってる印象で、結果は凄いことになってると後から分かりました。

ただでさえ悪くなっていた事業で決定的なミスを出してしまい、どれだけ悪い方向に発展するかと冷や汗を流していましたら、すごく良い顧客で笑って許してくれました。

奇跡が起きて山間部の家へ移住が決まりました。ちなみに吉方位の転居で、風水処方をして問題ない住居になりました。

後からそこは龍脈の影響を受けるパワースポットになってることも割り出し、ツイてる引っ越しとなり、さらにはウイルス問題で籠城するには格好の自然の要害ともなったのです。

引っ越しが後から気づけばツイており、温泉も付いてました。これも節約を検討しましたけど、解約せずにいたら家で入れるためリスクが無くなり、結局は外出しないことが一番安いのも分かりました。

そして引っ越してからは風水処方も加えて私の住む環境は健康とマインドには追い風、金運やビジネスは可もなく不可もなく的なパワーバランスとなりました。

けれども風水処方をしなければ五黄殺門と、交剣殺という大凶の物件でした。

健康とマインドが上がるは、本当にそうなり、瀕死の健康悪化状態で入居したのも今では、ほとんど良くなりました。マインドも致命的な部分を改善させることが出来て安寧な気持ちで生活ができるまでになりました。

奇跡で生活できる位の助けが入って、最大の経済危機を昨年は乗り越えました。最大の経済危機は最大の節約スキル向上をもたらしました。

今思うと本当に怖いなと感じますが、ビジネスで大成功し富裕層になった暁にはクルーズ船で旅をする妄想もしておりました。

粛々と今は、いましめて土台を建設してる最中です。

玄空風水や運上げは一生使い続けられるスキルとなり、隠された秘術は沢山あるため、視野を拡大するとでどんどん向上させることも可能だと思います。

現代風水必携

ウイルスで経済が沈没する中で「今までの幸福の見本」とは実は幻だったんだとつくづく深く本質を探っている段階です。

一つだけいい訳をするならば、私は大運での天中殺の不運の20年にいることです。これで上手くいってなかったのも少し納得がいきました。天中殺が人生に無い人もいます。

私が死に物狂いでたどり着いた玄空風水は分かるようになるまで難解でハードルが高いです。その代わり一生、力になってくれるのは心強いです。

同じ玄空風水を学ぶにはこちらが良いと思います。土地探しから基本も分かるようになっていきます。


風水ランキング

SNSフォローボタン
運が大事をフォローする
風水
シェアする
運が大事をフォローする
運の影響力が強まる時代から玄空風水と運上げの方法