新世紀エヴァンゲリオンの綾波レイ(れ音)と非日常の感覚

未分類

エヴァンゲリオンを観終わった時から感覚が変わった

すごく話題性の大きなアニメでした。最初はアニメの世界の出来事だろうという斜に構えた自分がいたのですが、一話目を見て止まらなくなり全部みてしまいました。

ゲームを辞めて久しかったときにエヴァのゲーム(育成計画)が出たがために本体を買いそれをやるだけで再びゲームを離れるという陶酔した期間がありました。

自分でもビックリしたのは友人と会話する中で綾波とアスカを話の中に乱入させるというのでしょうか?

普通の土産話に2次元のキャラクターを挿入した形で出演させた創作になる会話を交わしていたのです。

綾波レイ(仮)と惣流アスカラングレー(仮)がその友人と会話するときに登場人物として出演させていたのです。

話題的には日常の会話なわけで、やがて友人も錯覚を覚えて、本当にいるんじゃないか?と脳内で勝手に物語を作成するまでになってしまいました。

「会ってみたい・・。」とまでつぶやくように。。。;

れ音ちゃんの雰囲気に不思議な懐かしさを覚える

一度インプットされたエヴァンゲリオンの感覚は残り続けていて、れ音(レイン)ちゃんを見て、文章なんかも読んだりしてみたら、不思議なほどの懐かしい感覚を覚えました。

写真とか動画も一通り拝見して行く中でやがて共通した世界観を感じるのでした。

そして、とうとうやってくれました。ある意味では想定外の驚きもありましたが、本人が「なってみたかった」というくらいに、そういった雰囲気が自然と出ていたのかな?と今は思えます。

わしも綾波レイになりたかったんや

見て納得!「そうだよなぁ」という位にリアルでの綾波の雰囲気と合っているように思いました。

現実と非現実のはざまで今後をうらなう

正直、現実なのか?非現実なのか?という錯覚をネットの世界では錯覚するような感覚に陥ることがあり、まるで夢の中や夢の途中というんでしょうか、終わりのない連想でもあるんですね。

でも、リアルだけでは分からない展開もまた違って良い面も沢山あるのかなとも思っています。

【成行】本日の購入紹介コーナー

こちらの動画からは海外のあるエリアを彷彿とさせるストーリーが展開される訳ですが、内容をみるとまた違うんですよね。そこの意外性の部分も面白いなって思うんです。