太陽と月と惑星と宇宙から経済停滞の波を予測

惑星の運行法則とリンクしている事柄

本当に古代の叡知というのは凄かったなと思います。エジプトのピラミッドやインカ文明の遺跡だったり、星の位置とリンクしていたりして宇宙からのサインを読み取り、ナイル文明の農業もナイル川の洪水で大地に栄養が行き渡り作物の恵みを享受できるということを宇宙から学んだ訳です。

そういったことが最近になって、少しづつですが科学的にも解明されだしてます。

九星気学の九星も北斗七星を含んだ星ですし、古代風水では火星などは普段は悪い役目としてあげられすけど、2024年からは火星が代表になりますし、一番力を持つように変化するのが特徴です。惑星の運行からのさまざまな影響を体系化したものが占いのような形、スピリチュアルと現在はくくられてますが、古代においては最高で最先端のテクノロジーでした。

中国では戦国時代にも活用されたこともあり、悪用は厳禁とのことです。日本にも渡来してきましたけど、ずっと天皇や幕府などの階層に秘密に伝承されていました。それだけ天文の知識を体得することは力を得ることになります。

四柱推命という占いの帝王と呼ばれるものがありますが、生まれた日時によってかなり決まった運命の傾向をたどるとしたら、占いっていうより学問に近いように思いますね。

まったくもって不平等というか、生まれた日時に決まるというのが、どこかのRPGの設定みたいです。。。

ちなみに、元からの運が強いと普通であれば沈んでしまうような展開の環境でも大丈夫な流れとなるそうです。

そうなってくると、いまいち弱い場合は、風水を整えたりして外部からの厄災を減らしたり、吉方位の引っ越しなどで運気を上げていかないと厳しいです。

厳密にいうと、本物の風水の角度に関する部分は2~3度まで細かく分析して処方したり、住んでる家よりも、お墓の影響が大きいという説もありますし、隠された秘伝も沢山存在するようですが、かなり秘匿性が高い情報があり、そこは入手するのは一般では無理のようです。

共通している部分として、宇宙の惑星の運行による影響という部分から体系化されていて、月の引力が海の潮汐に多大な影響を与えるように、地震や噴火に関しても惑星の直列時に増えているというデータなどもあったりします。

太陽活動サイクルと景気

それと、大不況や世界恐慌などの経済の落差は太陽活動とかなりリンクしております。2020年から次の太陽サイクルに入るのですが、11年周期でして、今回のサイクルも太陽活動が弱かったんですが、さらに弱くなるとのNASAからも予測があったみたいです。

マウンダー小氷期のように寒くなっていく予測もあります。太陽活動が弱くなると天変が多くなるため、おのずと経済には影響でますよね、おそらく人間のマインドにも影響が大きいのでしょうね。

ただ、我々人類は大変な追い込まれた状況ほど火事場のくそ力を発揮してイノベーションを加えてきた実績がありますので、逆にいうと、とんでもないイノベーションが起こり、異次元の文明へと上昇する可能性も大きいのかもしれません。

マインドだけは少しばかり前向きにして、生活防衛をしながら大局を見守っていきたいと思います。そしてチャンスがあれば乗るということも大事になりそうです。

『幸福になるための本質と金持ちがゴールというのは幻想であることを知らないといけない』
幸福への達成として判断材料に使われる物事があります。 貧乏から金持ちへ、結婚して子供を授かり老後まで健康で平穏無事に過ごせたら御の字と捉えられるのはまだマシで…