大幅に節約した記録と戦略

まず初めに相対的な貧富の差というものはよほどに極端でなければ言い訳には結論的にはならないと見てきた中で結論として言える部分であります。

というのも、サラリーマンで年収が1000万を超えて独身寮に住み、1万円台の家賃と寮母さんがついて賄い込みという条件でありながらそこに住む者達は病的なほどに借金苦にあえいでいたからなんです。

駐車場だって無料ですが、ガソリン代もなくなり中古で買った軽自動車のバッテリーが上がってしまうほど車を稼働できずにいたりしました。

ギャンブルにキャバクラにゴルフと出世を一生涯に渡って約束されたように思い込み崩れることが無いと思っているからなんでしょうけど、「借金している者同士、同じ苦労をしてますね」と言われた段階では私はどれほどの条件が違うかを知りませんでした。

私は自営業で赤字を出していたために、無いから借金をするというループにあり、運の勉強を始める前には「節約術」が最大の武器であったと間違いなく言えます。

月収にして80万以上も稼いでる人間の借金生活とはどうしても納得ができずに悔しい思いをその時点では抱えていました。同じ条件ならどれだけ楽か?いやむしろ自分だったら天国に変えることが出来ると思いました。

世間一般からするとかなり高額な収入を得ていようとも節約ができないと無駄に使ってしまい、借金苦というくくりの中では同じ位に本人は苦しむ訳です。信じられないでしょうけど、自殺をほのめかしていたので、収入面では打つ手が無かった私よりも苦しんでいたということにもなるのです。

さて節約ですけど、趣味的に段階的に楽しみながらやる人もいますし、借金苦でも節約ができない人もいます。なんとかなるうちは恵まれてると思っていたほうが良くて、だいたい借りる場所が無くなるまで本腰を入れない人が多いのも特徴です。

私が行った節約法は「えげつない」レベルのところまでやりました。水道代はそこまでポイントになりませんけどロングスパンではやっておくとすごい金額になります。対策する部分は風呂とトイレで、最近の住宅は節水型のトイレのため風呂の対策が大きいです。

水だけとは思わないほうがよくて、風呂はガスだったり電気だったり関係します。毎日入らないといけないのか?という部分が大きいですし、風呂を沸かすための温熱棒などはもってのほjかで、水道代の節約を意識して電気代は大変なことになります。

毎日入るなら、沸かした残り湯をトイレに流すのに使ったり洗濯などにも使用し無駄にしないことがまずあります。

毎日入らないとか、一人暮らしなら日帰り入浴に通ったほうが安いです。家では最低限のシャワーにしたり、それか日本海側の一部地域の調理法で熱した石を浴槽に投げ込み一瞬で煮え湯にする方法もあります。薪ストーブなどで熱しておけば意外と簡単です。

悪い例を上げますと、毎日風呂に入りたいし水道を節約したいと電気温熱気を入れっぱなしにしておくと、年間で30万というランニングコストの出来上がりです。

だったら毎日1000円のシャンプーの付いた温泉に通ったほうがずっと良いということになります。週に数回の入浴で300円から500円の温泉に通うとかのほうが断然安いうえに健康にもなりますし、運の世界では温泉は運気も上げてくれるのです。

都心部の家なら冬場もダウンコートにコタツに電気毛布の組み合わせで電気代は基本料に毛が生えた程度になったりします。

ガスは風呂や暖房で食うので、できれば灯油コンロなどの灯油製品にすると震災のときにも困らなくなったりします。ランニングコストも安いです。ガスを契約しないでカセットコンロにする人がいますけど、カセットだと自炊にはすごく量を使いますので、灯油コンロがお勧めです。

あとは買い物はとにかく出かけないことですね。中には我が家の冷蔵庫は店の冷蔵庫、冷蔵庫を買わなくても良いし電気代も節約になるという人もいましたけど、まず厳しいです。

世の中の仕組みは買わせる導線を何重にも用意してるので、家計簿付けてみるとほぼ出かけない方が間違いなく節約になるでしょう。

冷蔵庫の電気代こそ安いので、それこそ今は捨てるのに費用がかかるので、貰えるのでそこで工夫して調達し冷凍冷蔵庫が複数あるとまとめ買いでうんと安く出かけずに自炊できるようになっていきます。

ネットで無駄遣いするレベルを節約脳になってネットショッピングで無駄遣いしなくなると店が遠い場合は特にネットでのまとめ買いが良いかもしれません。本当にちょっとした用事でも店に入るほうが無駄遣いは出ます。依存症でもネットのほうが先に節約するパターンに修正できるようになると思います。

あとはすべてに工夫を施すことで、調理であればお好み焼きに出し汁から山芋から入れて卵も生地に入れなきゃならないと思っていたら違うんですね。思いっきり水だけでミックス粉ではない激安の小麦粉を伸ばして作ってみると店の味になったりします。喉越しが非常に良く粉っぽさが無くなります。

それだけで具は好きな物を入れられる位は許せるくらいに土台の部分で節約になってます。ドリンクは自販機も店でも絶対に買わないくらいにして、すべて自作するのが良いです。ドリンク代は外で飲んだり買っていると安い外食代上回る金額になったりします。

自分でお茶からコーヒーから作るだけで破格の支出に変わります。ここだけは徹底するくらいで良いと思います。年間で数十万も変わってきます。

あと大きいのは家です。知らない人も多いですが、破格の中古物件で購入し広めの土地にして作物を育てることも可能です。ここまでは考えますが、中古物件で100万以下でも火災保険は新築で建てた分で補償されたりしますので、家賃を無くして補償は十分に受ける仕組みがそろいます。

こんなことを重ねていくと月に10万でも満足した生活が可能となります。

こういう生活を上級者は欲に振り回されずに収入もあるのにやってる人もいます。貯まる一方です。考えの中で、やがて訪れるリスクに備えて、良いときも生活を変えないそうです。

『節約は大きなチャンスを待つまでの間には大事』
運の勉強を始める以前に私を守ってきたのは間違いなく節約であったと断言できるほどの威力を持ってます。 節約も簡単なものから大変に威力のあるものまで多岐に渡ります…