大富豪の華僑の風水術から考察した人生

生年月日などの運の対策

持って生まれた運や過去世からの宿命など、そもそもスタートの時点から大きな格差というものがあります。

持って生まれた運は四柱推命で運の良い時期には大きく動き、運気が低迷する時期には土台固めをしっかりやる繰り返しをします。

そして命式の傾向で、例えばギャンブルはNGと出ていたら、それはギャンブルで身を崩すという性格だとかの傾向が強いため、そのたぐいの事から離れた行動に修正します。

細かくやればいくらでもありますが、ざっとおおまかに、こういう流れを当てはめていくことが大事です。

過去世からの因果や遺伝の対策

遺伝とか因果は極度の便秘のように、黒く固まった宿便が頑固にこびりついたような状態に似ています。

あまりに苦しくなって薬に頼って解消しても、根本は解決していないため、やがて変質を起こしてガンになったり不具合が多く出るようになっていく原理があります。

因果や遺伝もそうで、治さずいけば、同じ病気や同じ結果を起こしますし、どんどん悪くなっていきます。

聖人君主のような友人知人は耳が痛いことを言うでしょう。慈悲の強い人は何度でも言うでしょう。

けれど頑固が強すぎると友人知人に反発しやがて危害すら加える可能性だってあります。そして悪道に引き入れる優しい声色を使う利用しようとする人に付いていき、破産します。

頑固はガンを発生させ、悪道に誘惑される命式は詐欺にかかりやすくなり破財を招くのです。

聖人を見抜き、時には涙を流して感謝して付ききっていった時にマインドの次元が大きく変わり因果は終わりをつげます。

そして、救済しようとするようにベクトルも変化を起こし、遺伝する病気からも大きく遠ざかる生活へと変わっていくのです。

途方もない差が生まれ努力も同じなのに結果が違う件

同じ努力、ましてや時間も同じ流れなのに結果がまるで違ってしまうことが世の中には沢山あります。

努力と根性と忍耐で誰もが成功を手に出来たのは運気の追い風でした。日本国の運気が強力だった時期、まさに汗や泥にまみれたら、かならず一生涯に渡る成功を得ることができました。

家や車、結婚し子供を複数もうけ、その子供の大学卒業の費用から一人暮らしの費用、そしてペットを飼って、年に何度も旅行し別荘が持てる程度の贅沢な生活が全然可能でした。

ある人は運が味方をしていることに気付きもせず、適当に日銭を稼いで年金に加入せず、毎日を飲んで食ってギャンブルをやって過ごしました。それでも生活が可能でした。

真面目にやって節約まで徹底的にやった人は複数の家を所有し賃貸物件にすることも出来ました。

大富豪が気付いた事と口伝で伝わってきた秘法

大富豪がなぜずっと大富豪でいられるかは、時代と共に移り変わる運気に合わせて住む場所だったり家の改築などを大きく変更し、風水の調整を行ってきたことになります。

もし、同じ速度で歩いたときに、追い風なのか向かい風なのかで、まったく距離が変わります。

風を読み、航路を追い風がある方向へ調整していくのが風水となります。

山、風、川の流れ、龍脈、龍穴、突風が吹きすさぶ場所に住む環境は地のエネルギーが散じるため、風水で最良とされるのは三方を山で守られ、全面が大きく開けて湖のような綺麗な水が沸く場所になります。

良い気が水に貯まり、エネルギーが大きくなるのです。

そして、湖の先には綺麗な山並みがあると案山となります。

家の後方に大きな山並みが見え、そこから来龍してきて、盆地が龍穴となり、その場所を突風から守る防風林がサイドを固めていれば合局となるわけです。

そして、玄空風水で周辺環境と時代に合わせた家に住み、自分の命式とも相性を良くした配置とします。

吉日吉方位移動を繰り返し、凶方位と凶の日に動かないことを繰り返したりして、運気を高める努力をしており、それが追い風を受ける要因となって、最後は途方もない差となって現れるのです。

連綿と受け継がれてきた秘伝や口伝、かつては帝王術として一部の階層でしか運用できませんでしたが、少しづつ解明されてきています。

玄空風水