大凶を招いた線路沿いの物件

線路沿いだと、一見すると前面が開けていたりとストレスが少なさそうに錯覚して入居したり、駅に近いという理由で入居しますが風水的な部分からみると大凶です。

線路は川に例えるわけですが、ゆっくり流れる川は良しとしても大雨で激流になったりします。

その激流の状態が昼夜間断なく続くと考えてみますと、刃のような殺気をずっと受け続けることになります。

その場所の影響として、被害者にも加害者にもなりやすいという特徴でしょうか、風水エネルギーでも悪い上に、警報音や電車の音や振動、自然界とは大きくことななったノイズと振動数で精神が消耗を受けます。

また、現代人は教科書のような平面的な平均数値をはじき出して参考にしますが、受ける影響は人によって差が凄く、電車好きで音が好きなマニアとかは影響が少ないなど、まったく違ってきます。ただ、風水的な殺は来ているわけです。

特に一日中、そこに住んでいると受ける影響は最大化されます。

影響を受けるのは音や振動が実質に伝わる範囲となり、直近ほど危険となります。

耳がすごく良い人は、他の人が聞こえない周波数も拾ったりするため、影響を大きく受ける体質だと思います。

あとは、空き巣やひったくりが多いという統計はあります。

事件事故の現場で、なぜかそうさせるエネルギーのようなものがあり、そこじゃないと決定的な結果にはならなかったんじゃないかって思うことがあります。

少し調べると分かってきますが、奇々怪々な猟奇的な事件が多いことに気付くと思います。

特に危険だと思われる風水的な形状の共有でした。