台風などの災害に火災保険を活用するために

火災保険を火災だけに対応してると勘違いして活用されてない

どうしても人間というのはイメージというものを優先しがちです。名前だけを見て勝手に火災のときだけの保険と思っている人も多いのが現実で、昔は私もそうでしたし、関係することもないだろうという考えを持っていました。

実際には、幅広く適用されます。とくに最近は想定を超えた災害も多いので、まず水害は無いとか頭では思っていても、金額にすると、幅広く適用される手厚い特約まで付けたほうが良いと言えます。

それから増税が控えている関係と保険料の大幅な改定があるということで、10月からの契約だと大幅にコストが増えるとの情報を得ました。

火災保険一括見積もり依頼サイト

それと、災害が大規模になってくると、もちろん、生活に支障をきたす物件から優先的に調べていくため、大変に待たされてしまうケースがあります。鑑定を頼む業者なども選択してから判断するなどの対応も必要となってきます。

ある程度の予測できる災害が分かる地域もある

大小の川が流れていて、特にカーブの外側に面していると、氾濫が起こるピンポイントであると言えます。 風水的には殺気がずっと当たり続けている状態となり気は乱れるしとかく悪いです。

線路や道路の形状も川と同じ原理で、乗り物がダイレクトに突っ込んでくるリスクがあります。

そのほかに崖や山のすぐそばに面していると、いずれ風化すると大なり小なりの災害が起こってくると予測がつくのです。

海であれば高潮や津波のリスクもあります。普段は潮風がふんだんに吹きつけるため、内陸部よりはうんとリゾート感はあるのですが、自然が牙を向くと急激にリスクを高めます。

海は自然と低い場所でもあるため、山からの土石流などにも気をつけなければいけなく、水も一番集まってくるので、河口の側であるとか特別に危険となります。

風水的に見ても、波が荒れたりと気が安定しないので、海は実は住むには良くなく、実際に車でも室外機などでも金属は格段に痛みが早いです。

突発的な災害にも備える

直近に川も無く山や崖も無いところは台地と言って、比較的に高級住宅街になっていたりして、見た目での災害を連想しにくい、ある意味では合格ラインの立地があります。

そういう場所でも落雷であるとか突風の被害があります。平野と呼ばれるような地上での地平線が見える土地では逆に落雷や突風でのリスクが高まります。

風をよける防風林が無く、避雷針の役割をする高い木も無いため、直撃を受ける可能性が、どうしても上がります。

地震にも気を付けたい加害者になった際の補償にも備えたい

地震は特約の部分になりますけど、付けるに越したことはありません。特別に地震の少ない時期もありましたけど、思ったよりもリスクはあるのかなと思います。津波だってありますし、湖でも津波が起こりますし、隕石が落ちても津波が起こりますし、アラスカでは氷山の崩壊で史上最大規模の津波だって起こってます。

海底噴火でも津波は発生しますし、崖崩れからも発生するため意外にリスクは高いのです。

本当に無駄遣いをするならば、保険などは節約せずに、補償が得られるものへ資金をシフトしたほうが絶対的に良いと思います。

火災は加害者になってしまうから大変

何も考えずに過ごしていると、過密した住宅地で、まさかの事態になるリスクというのを忘れがちになったりします。

隣接した住宅地であると、火災が大きくなった場合に隣家も延焼したりします。法律上で火災の場合は損害賠償をしなくても良い場合がありますが、これも「家に限ってそんなこと」という自己本位にした考え方ですが、逆にいうと延焼の被害にあっても相手から補償されないケースが多いんですね。

自分が火災保険に入っていなければ家が燃えても補償されないわけなんです。逆に加害者になってしまったら過失が無い場合でも、犯罪者同然のような目で見られるリスクもあり、大変に怖いことだと思います。そういう意味では類焼の特約も入っておくと安心だと言えるんですね。

ここでも風水的な視点となりますが、外部からのダイナミックな厄災とは、火災は違うということが分かります。限りなく自分が住んでるエリアから結果的に出してる訳で、かなり運気が悪くなってるという意味でも取れるかと思います。

運気の部分からいうと、火災というのは今後の没落や不運にも直結するサインでもあったりするのため、極めて注意深く捉えています。

突発的な事件や事故でも補償が受けられる

盗難の被害や、落下物なども補償の対象となってますし、自分の過失での破損なども対象にできたりします。

こういった広い範囲までカバーして加入しておくと、精神的な安定にもなると思います。

基本的に事故にあったりするときは、運が悪いバイオリズムの年などに偏ると思ってまして、そういったリスクに対して、金銭的な補償を受けて、人生を建て直しすることが可能になるためのセーフティネットが保険です。

たしかに節約は大事なんですけど、節約したばかりに補償がされないとか、信用を落としてしまう節約や、健康を損ねるような節約はするべきでないと思います。

節約で保険をカットし不運が重なり補償も一切なかったケースもある

衝撃的な話しだったんですけど、暴走した車に突っ込まれてドクターヘリで運ばれたケースがります。

暴走した車は無保険で補償が無く、本人も自賠責保険しか入ってなく、医療保険や傷害保険も入ってないケースで自賠責から多少の補償があっただけでした。

けっきょく補償が受けられなかったことで仕事も失うことにつながり、結婚してローンを組んだばかりのマイホームまで抵当に入り失うというところから、離婚となり、子供に養育費を、その後、送り続けるという地獄の展開となっていくのでした。

最終的には復活を遂げていくのですけど、そんな地獄を不運が重なり、なおかつ保険に入ってないと、不運の分の補償がされないため、大変なんですね。

雑学・豆知識ランキング

タイトルとURLをコピーしました