マインドフルネスや引き寄せが万人向けでない理由

仏教の究極の奥義から取り入れ派生していったものも多い

マインドフルネスというのを見ていったときに、横文字に変わっていますけど、中国で体系化された母体の「一心三観」という究極の一手と非常に似ているなと感じます。

静寂な山に篭もり、外野の影響を受けない環境において、座禅を組んだりして自分の心を観るという方法で、自身の中にあるハイヤーセルフという高次元マインドを知り、そこから智慧をさずかり、仏と同じ境涯に生命を向かせることを日々繰り返す訳です。

おそらく知ったときには悟りを得たような歓喜に包まれることでしょうが、当時から、この修行法は難解中の難解と言われ、原理すら理解できないものでした。

ましてや家の横を電車が走り、飛行機は飛び、隣からは悪口を言ってる声が聞こえ、多大にストレスにさらされる中で行うのは、ほぼ無理と言わざるをえないわけです。

原理は正解なんですが実践できるかどうかなんです

引き寄せの法則でもマインドが現実に投影されるというのも「一心三観」の原理に基づいています。

成功者と言われる人が両方をやるという話しを聞くかもしれませんが、そもそも高い次元のマインドを持ち合わせる素地を持っている場合が多く、前向きでエネルギッシュな人が多いのも納得です。

上記のことをやっても、人間の根っこの部分の核で負のエネルギーで満たされていると、イメージすること、人に言われて捉えること、全てがマイナスの方向に捉え、それが恨みや妬みとなり、さらに満たされる領域が負のエネルギーで満杯になっていくんですね。

そういったノイズだらけの状態、ましてや悪い環境でやってもかえって悪い結果を出してしまうかもしれません。

理解する必要はないけど行動し実践を続けることで打破していく

まず、環境を変えましょう。一度、自分が発言してることを録音してみても良いかと思います。そして悪口が多かったり愚痴が多かったり、危険なマインドを持っていたら、それに同調する人間関係からは離れるべきです。

一番良いのは引っ越して人間関係なども断捨離するくらいが良いと思います。もうね、そこでの生活のループは悪いマインドの人しか周りにいなくなってると思います。おそらく、正しいことを言ってる人を遠ざけて悪い心地の楽な人と過ごしている状態かもしれません。

それから、少なくとも自分からは負のマインドを発しないように気をつけることも大事です。

本当にくだらない事でクヨクヨと悩んだり怒り続けてるのであれば、毎日、心拍数を上げる運動をしていくことです。

これは心の振動数を強制的にあげますし、人相などもスッキリしたように変化していくものです。人相は年輪と同じなので、自分の深層が如実に現れてきます。

普通までの人がやるなら、つべこべ言わずに運動で心拍数を上げ続けることが開運する条件となります。胸が高鳴る恋心と言って、それと同じような状況を作り出すことでホルモンだとかそういうものも変化するのではと思います。

実際の例を出すと、アスリートが一言も言葉を発しないで座っていても陰気な人には見えないです。これはオーラがそうなっていますし、目が死んでるとか生き生きしているというように目に現れたりします。

陰気なオーラな人がどれだけ話しまくっても、アンケートを取ったら、圧倒的にアスリートのほうが陽気だという結果になるのは、そのためなんです。

同じ行動をしているのに結果が全然違う

これは成功者と、そうでない人にも分けられる部分かと思いますが、街頭募金という素晴らしい行動を行うとします。邪悪な人相で声もボソボソしていて、陰気なオーラが出ていたら誰も近づかないわけです。

これは仕事でもそうで、誰も頼まないようになるから、仕事も出世しないし真っ先にリストラ要員に選ばれてしまいます。

それだけオーラというのは、そこの部屋だったら全体に影響を及ぼしたりします。人間というのは第六感のようなものもあって、自然と嗅ぎ取ってる場合も多く、異様な雰囲気のところへは近づかないという性質があります。

だから、「文句ばっかりしていちゃいけないよ」とかの本質を言ってくれる人は大事にして、そういう人の行動や話す言葉を見習うと自然と影響されて、変化が起きていきます。

自分で行うことは運動などの行動になります。心拍を上げることを繰り返すと陽気に性格が変わっていきアスリートが持つオーラへも近づいていくでしょう。

誰とも話す習慣が無い人は歌を歌ってください。まったく声を発する機会が無いと声帯が弱くなってボソボソとしか声が出ないようになります。

狂ったように大声で挨拶をする合宿がありますけど、声を発していくのも重要なんですね。声というものには嘘を付いていたり、感情の起伏が如実に現れます。

ところが負のマインドが強すぎる生活を送っていると、普通に質問されただけなのに悪い方向に考え、声がうわずったりして怪しまれて濡れ衣の嫌疑までかけられ、さらに気持ちが弱くなっていると、信じてくれないと諦めて自分が犯人ですとまで言う悪い流れも起こったりします。

少なくとも、こういった状態を吹き飛ばすまでオーラを身につけて、降りかかる災厄までも気を強めて退散させるところまで持っていった先がマインドフルネスなどをやっても良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました