マインドや健康やスキルや財物を同じような種類と思う大間違い

「頑張りが足りないから成功できないんだよ」という言葉を答えの一つとして認識してきたけれど、どうもそうじゃないということが最近分かってきた。

「運」という一発逆転の要素を抜いて考察した場合でも、ずいぶんとカテゴリーにより本質たる性質が違っているのだと分かった。

もっとも積み上げて努力したものが色褪せずに磨き続けて向上していく性質のものが「スキル」になる。

得て不得手の才能的な要素はビジネスにもつながるけれど、そうじゃなくても、練習量と努力の比例の法則が最も有効に反映されるのがスキル。

生涯に渡ってスキルは積み上げ可能であるし、一度覚えた感覚はそうそう忘れることはない。一番裏切る事の無い、幅広く身を助けるジャンルとなる。

「健康」もスキルについで積み上げ分野だけど、多少の影響に左右される。痩せるのも太るのもロングスパンにおいての努力の確固たる結晶なのであって、10億払っても理想の肉体がすぐに手に入ることなんてあり得ない。

左右される部分というのは、単純に脂肪や糖を減らしても簡単に痩せないのが腸内細菌とか遺伝みたいな部分もあるからで、各種健康も不明な部分も残されている。

「マインド」は瞬間的に変わるものも多く、天国と地獄、悪人と善人のようにコロコロと天気のように変化し周辺環境などの影響も大きく受ける。

マインドはどっちかというと流動的なカテゴリーに入り、マインド次第でスキルや健康をも左右しかねない「要」となっているため、毎日修正する習慣を意図的に持たないと変な方向へと気付いたら行ってしまうという大変に難しい舵取りが要求される。

そのかわり「マインド」を適正に保つルーティンを保持できれば色々なことが有利に展開されていく。

「財物」は水のように変化し、突然降ってくるように一瞬で入ってくることがある。これが単純に「努力=成功」の法則を狂わせる。

法則が通用するならば、飲食業を例にとっても店舗数を拡大すればするほど良くなるはずだけど、逆に大変な事になり、かえって小規模店が一日6万が補償されるなどの風によって、来客ではあり得ないような展開になっていたりする。

農業を休みなしに一年やりきっての収入が100万と聞いた。おそらく100万だと成功している部類だと私は思う。

かと思うと時の誤発注で株で億万長者となった話もありので、まさに財物は「水物」である。

どちらかというと、元も子も無い話だけど、制度や風の影響で努力の効果が分からない現実もあるのが実情である。

このように貨幣とか物はいかようにも変化し、同じ土地建物ががあるときは億までなり、今じゃ投げ売りという状況な訳で金額というのはあって無いようなものであるし、ロレックスの金時計のように古いのに価値が上がっていくような現象もある。

そうかと思えばハイパーインフレで紙屑にもなるしで、仕組みとしての要素が大きいということである。電子マネーになると文字だけとなって価値がそこに付随しているだけなのである。

そう思うと、やはり優先順位をつけるならば、簡単には手に入らないものほど本質的な価値が高いといえる。

別々に考えなくてはいけない。節約技術などは磨かないと身に付かないけれど、財物に関しては流れが一気に変わって入るようになる可能性がある。

努力するならば、生活レベルにおいていかにそこのカテゴリーで最大限の生活ができるか?などを努力で達成していくのが良いと思う。

急激に富裕層になった人物がいるけれど、実際の生活は貧乏よりも貧乏な生活をしており、トイレも家に無い生活を送っている。収入は凄くても散財し必要なものが見えていないので、何一つとして、そこには活用できないのである。

だから、各種性質の本質を見極めていくのは本当に重要になってくる。