アフィリエイトの結果までの遠い道のりと現実との葛藤

実際は簡単に結果は出ないということを知る

副業と簡単には言うけれど、そんなに甘いものでもないと実感しています。始めてみる段階では、あまりにもブログ界隈にて、3ヶ月で7桁達成したとのセンセーショナルな宣伝をしながら活動してる人が多いですが鵜呑みにはできないと思います。

仕組みを確立したりして、先行者利益でたしかに稼いでる人はいるかもしれませんが、そういったブログでしゅっちょう海外に行ってるようであれば利益を得てる可能性は高いともとれます。 

それでも現実のリアルにそういう人がいないと本当なのか分からない部分があります。

私も調べるために検索を使いますが、非常に同じブログが出てきやすいのですね、格差というか、なかなかに狭い門だなって思いましたね。。。儲けることが出来るのは一部ということがその時点でも分かります。 

元からレッドオーシャンの路面店でやっていたので、競合がいるのはどこも同じということも分かります。あとはランニングコストなどが、どう影響していくかを見届けるためにも継続はしたいと思ってます。

昔と比べて就労は改善された点が増えてるらしい

私の場合は最初の方から自営での事業とバイトなどを併用し、不用品を販売するという副業を長くやってからアフィリエイトの挑戦を始めましたが、本来であればサラリーマンという道もあったのかなとも思います。

これに関しては向き不向きがあるため、よく自分と向き合って決めたほうが良いでしょう。

昔はパワハラはたしかにありましたけど、今はかなり改善されてきているように思いますね。怒られるのが当たり前でしたから、今はそういうのはブラック的にすごく嫌われるので、だんだん改善されてきてるとは思います。

上向くような業界に入れれば、ある意味で福利厚生も考えるとプログラマーであるとか、収入が高くて需要もあるものは良いかもしれないと思います。

ネットサービスは節約の救世主

不思議だなって思うこともあって、食材など値上がりしてるんですが、今はネットがある関係でいろんな無料が増えたんですけど、生活がむしろ苦しくなっているという現実があります。

昔はCDやレコードやカセットテープなんかも3000円は出して買ったりしていたし、立ち読みも多かったですけど、雑誌なんかも普通に買ってましたからね。それでも羽振りが良かったのは、トリクルダウンが周りからもあったんですね。

それにともなってプレーヤーも買ったり、家電も含めてなんでも高かったです。VHSのビデオデッキが14万しましてね、今じゃ使えるジャンクで安く買えるので、そういった出費が減ったはずなんですが、貧乏な人ばかりが増えてきています。

生活費よりも収入が多かった時代

私も知人の手伝いで建築業の手伝いをしたときがあったんですが、バブル期は月に100万以上稼ぐ人もけっこういたんですよ。崩壊してから単価が落ちていきましたけど、それでも食事が全部付いて日当が1万近くでたのは悪くなかったんだなって思います。

バブル期は勤め人として月に100万以上貰っていた知人ですが、独立して下請けの下という部分でも私に報酬を出せて、生活費を出して車に乗りながら、工具も揃えていて、全部外食で酒を飲んだり、たまにギャンブルやれたってことは50万以上は稼いでいたのかな?って思います。

節約しまくっても生活が楽にならない時代になった

不用品の販売も波が大きいですからね、それと不用品が集まらないご時世になったと思いますね。。。

それを感じてアフィリエイトに挑戦を始めたんですけど、ブログ界隈では仮面セレブが多いんでしょうかね、私も生活がきつくなって節約を始めたから分かるんですけど、少しでも情報が出てくれば仮面だってすぐに分かります。

後戻りできないので、コツコツやってはいきますけど、スーパーブラック企業なみの時間を費やしてるのが現状です。

学生の頃のテストで一夜漬けとかそんな半端な気持ちではまったく無理で一日じゃ何も進みません。やってもやっても成果の見えない終わりなき戦いですね。。。

実際は3ヶ月で収入0円も普通

だから、3ヶ月で100万とかいっぱい出てるのを見ると、実際はそんな甘いもんじゃないって思う訳ですし、全然ささってこないです。

移住しての自給自足のような生活を考えてましたが、やっぱり資金は必要でしてね、がんばって10万以内という線は達成可能なところなんですね。

月5万とかの世界になってくるとサービス等の契約も解除したり、物物交換のようなコミュニティが形成されるか、自力で採集したりするかしないといけない訳です。

私は貨幣じゃなくても、物物交換のような助け合いのシステムは賛成なんです。なんでこうも貧乏な人が増えてしまったのか?たしかに景気もあるんですが、大きく変わった点があります。

世の中にある本当の仕組みを研究して使いこなすことが大事

冗談抜きで3ヶ月収入ゼロどころか1年経ってもゼロってこともあるんじゃないか?と最近は不安に感じてまして、昔は結果が出るまでの期間が早かったのは本当の話しですが、ついに3ヶ月以上経過しても結果は四捨五入するとゼロです。。。

SNSやツイッターを連動させてみても現状は結果というレベルでないと言えるのかと思います。退路を経って取り組むというのは大事というのは、たしかにその通りなんですけど、実際に結果が出てきていないため続けるにしても別の収入が必要になってきています。

不用品販売については、なにも手をつけていない家なら、場合によっては数年はそれだけで暮らせる可能性もあります。物量がすべてというか、品物が循環してくる流れが出来たら、案外に面白いと思います。

ただ、リサイクル屋とかリアル店舗に出向いて仕入れるのは今は厳しいかと思います。昔はそれでも良いものが手に入りました。そうなってくると、いずれは辞めなければいけないビジネスでもあります。

節約を極めて生活費を極限まで下げるというのもハードルを下げるのですが、世の中の本当の仕組みを発動させるためには、火災保険や傷害保険、自動車保険も入って、弁護士特約や、損害賠償に備えた保険まで入っておくことが重要となります。

人生、順風ばかりでなく、不測の事態が起こると備えていなければ一撃の元に無一文や借金生活へと転落してしまうんですね。

ところが保険に入っていますと、本来は厄災が起こるときは運が悪いと見るべきなんですが、厄災が重なるたびに資金が増え続けるというケースがあります。

運が悪すぎれば自力で復活することは、まず不可能なレベルと考えていたほうが謙虚で、素直に仕組みを作っておくことが一番重要なポイントだと思います。

節約を極めながら厄災に対しての備えも万全にしておけば、ロングスパンで考えたら上昇気流に乗ることが可能となります。

人脈であるとか、突発的に助かる場合は運が良いバイオリズムに入ってるサインでもありますが、無い人には全然無いということも分かりました。かなり運気に関しては差が出るかもしれません。

一級建築士などの知人がいなくて、情報などもあまり知らないときに火災保険申請する場合には上記のような鑑定したりしてくれる機関を使うことで制度を生かすことが可能となります。

交通事故なども弁護士特約があることで補償を受ける額も全然変わってくるんですね。

節約を勘違いしがちですが、生活が苦しい人ほど保険という仕組みに入っておくことが実は大事なんです。

火災保険は火災のときしか使えないと思っていたり面倒臭がって申請しないケースが多いのです。しかし、冬なら雪害、風なら、特に台風、爆弾低気圧や竜巻もあります。川がが近いと浸水もしますし、海が近ければ地震保険も付けて、地震、津波、噴火に備えます。

節約の弊害で、プランを一番安いものにしがちですが、落下物や車に突っ込まれたり、盗難や自分で汚損するものまで入ったほうが実は得だったりします。特約をつけても思ったよりも金額が高くない場合も多く、変な話しが小さく一カ所壊れただけで自腹なら保険料の10年分位の修理費を請求されることもあります。

それだけで済めばの話しですが、大きくいかれると一発で終了となります。。。;

火災保険一括見積もり依頼サイト

ロングスパンで家族全体でみると、けっこう申請しなかったケースも多かったですけど、各種保険の合計で10回以上は、お世話になりました。

申請しなかったものを申請していら、その3倍は、お世話になったかもしれません。まったく人生何も無かったってなかなかないんじゃないでしょうか?

仮に何もなかったら、稀代の幸運の持ち主だと思います。

実は節約で死亡保険や入院保険に入っていなくて苦労したり、過去に大怪我を負う少し前に金策で保険を、当時は裕福で7カ所も契約していたのを全部解約し、相手の保険だけだったことがありました。

当時はあまり考えて生きてなかったので備えも知識も本当に適当でした。資金を借りたりする知識というのは逆に付けないほうが良く、サラ金などの借金があると生活保護などのセーフティネットや福祉資金などの対象にならないんです。自己破産までやってないと駄目なんですね。

そういった借りることばかりを考えていると、不思議とずっとループから抜け出せなくなってしまいます。

ビジネスは長い年月をかけて追いかければ良いとしても、絶対的に本当の世の中の仕組みだけは網羅してることに越したことがありません。税や制度にも精通することが大事になります。

それでも結局は入ってくる分が少なくて困るのが根本なのかなと思います。いつ収入化できるのか?ビジネスでは到達点も読みにくく、私も久しぶりに参入してみたら、あまりに厳しいので辟易しています。

そういう意味では絶対に補償がある仕組みだけは、ほかを節約し尽くしてでも入っておくことで、人生そのものが助かる確率が大幅に上がると経験上、実感しています。

進むだけが正解とも限らない良い部分は元に戻すべきとも思った

それは物物交換の原理にも似ていまして、以前は一億総中流といわれるように格差が少なかったんです。

なぜかを考えたときに、私も路面店をやってましたけど、いろんな職業でも似ていて、仲間のうちでも地域でも、どうせ食事をするならあそこで、家を補修するならあそこで、来てもらったから次は行くよ。という感じで経済が回ってたんですね。

それがチェーン店か増えて、加えてショッピングモールで買うようになりました。

たしかに安い場合もあるし、一カ所で済めば便利でもあるんです。だけど、いくらチェーンのカフェに通っても相手は何もしてくれません。

それが個人の喫茶店なら、マスターから、「仕事は何やってるんですか?」「実はこういう職業なんです。」「じゃあ今度頼もうかな?」と店舗というのは営業に活用も出来る場の役割も果たしていたんですね。

そこの店も生活できる収入になるし、店に来てる人は仕事に繋がっていくため常連同士の職業を仲介してお互いに助け合えるようなシステムの役割もあったので、とにかく毎日のように顔を出して店にお金を落としていった訳です。

癒すとか以外にも自営業者の中では暗黙の了解のような目的で利用してた人もいたんです。

それが価格破壊となり、現在は一点に富が集中するようになったために、貧乏な人が増えたんです。。。

価格破壊と言っても、スーパーは最近は何でも高いですね、野菜なら直売所が安いですし、コミュニティを形成できれば無料に近い形でも入手が可能となるため、私の場合は買う場所を分けて使うようにしています。

そういう意味でいろんな角度から収入および物や食物が集まってくるところを分散して構築し、それでも今後の値上げがあるので節約もしていかなければならないんです。

別にケチで節約している訳じゃなく、そうしないと生活できない世の中になってしまったんですね。。。富が集中してる人には分からない世界でしょうけど、これが現実なんです。

詐欺商材には注意

結局は物事には両面が必ずあり、副業の裏側で詐欺の甘い罠もあるということに警戒するべきです。本物の情報というのは、たしかにあり、私も過去に体験したこともありますが、非常に楽で威力があるものは比例して対策も早いものです。

一例を挙げると、某チェーンでのCDなどの買取キャンペーンにて、枚数をまとめるだけで5000円とかのハードルが低い案件で、たしか50枚ごとに5000円で、種類を問わない期間が1年未満あったので、相当に数を集めて持っていったことがありました。

一生続くものでも無いし、人から聞いたわけでも無く、偶然に見つけて拡大させただけなんですけど、威力が凄かったです。

そういった、山師のような部分があるから詐欺商材で、8桁の負債まで持っていかれたことがあります。一回ではなく積み上げでトータルでいきました。たまに良い情報が入った関係で気づくことができず、言うなれば信じていたわけです。

相談無料・着手金無料。ネット副業関連の詐欺被害は「弥栄法律事務所」までお問い合わせください。

目指してる方向はネットビジネスのアフィリエイトで間違いない

資産や知名度がある人は極端な話し、色々と成功しやすいような世の中になっています。

資金も無く知名度も無く資格すらも無く社会に出ることも向かなかったり出来なかったりするとなると選択肢が自然ななりゆきで絞り込まれます。

資金が無いということは、リアル店舗ビジネスの線はありません。実際にもネットビジネスよりも数段厳しいです。

知名度が無いということは0からコツコツと積み上げなければなりません。逆に言えば積み上げた物は本当の宝物となります。

資格は介護職でも路面店でも色々と面倒なものがありますが、アフィリエイトにはありません。

ネットビジネスも色々ありますが、自分の特技が無ければそれも売れませんし、なかなかこれも知名度ですから難しいわけです。クラウドワークにしたってタイピングはスピードであるとか能力やスキルも高くないと難しいわけです。

ネットでの不用品販売は不用品が入ってくる人脈が無ければ在庫が底を尽きますし、外に仕入れに出るのは今は難しいですね。昔は可能でしたけど、簡単なら私もやってます。人脈が倒産してしまったので、私は保留してます。

そうなるとコツコツとアフィリエイトを正統な形で何年かかってでも積み上げていくしかないと思います。

水の流れと一緒で最初の一滴から始まります。大河に成長するまでは手応えはないでしょうけども、一歩づつでも前進しつづけることが大事です。

資産構築型のワードプレスで作り上げることが大事で、建物の基礎となるような状態から、だんだんと高くなっていく特徴があります。ドメインとサーバーを契約しそこに運営費が多少かかりますけど、品物をブースを借りて路面で売った委託販売といものよりも安かったので、ランニングコストという点では本当に良心的でありますし、逆にいうとそれしか無いという感じでしょうか。

ASPに登録して広告を貼って収益を上げていくわけですけども、最近の情勢でドメインがパワーを持ち出すのに半年はかかるようなイメージなので、そこまで記事をコツコツと書いていき、やっと半年目過ぎてからスタートが始まるくらいの感覚があると思います。

1年頑張りきって月に10万以下というのが目安になると思います。私の場合は、節約を研究してきましたので10万あれば資金が少し余るようになります。節約に関する情報に沢山乗せてますので参考にしていただければと思います。

スーパーアフィリエイターの条件に近づくためにやること

能力や運などに差が大きくても時給で良い会社なら首になることもないですし報酬もアルバイトなら差が出ないケースも多いですが、自営業というのは、路面店で結果が出せなければ多大な負債を抱えて撤退を余儀なくされます。

あきらめたくなくても資金的な面で必ず終焉をむかえることになるわけです。

アフィリエイトというのは、そういったリスクが最小限なため、結果が出るまで頑張ることが可能です。

明らかに失敗する業界もありますが、ゴールが正しいのであれば、しかもリスクも無いとなればノロマな亀になっても近づいていけて、広告のリンクや記事が増えれば、スーパーに並べる商品が増えるのと一緒のように、必ず結果も出てくる局面になっていくということが分かります。

自営業の世界ですから、結果は千差万別ですが、究極のところでの倒産が無いようなものですから、これは有り難い話しなんですね。

3ヶ月で100万などは、常識からいうと嘘だと実践するとはっきりし、実際は3ヶ月でもゼロのような状態です。

それでも、売ってる人は現実に存在するんですね。そう簡単には売れなくても、人情的には役に立った記事ならランキングのボタンを押したり、無料登録なら、このブログで役立つ記事を読んだから登録してあげようとかなったりはします。私もそうしてます。

正しいゴール地点が判明し、あとは誠実にコツコツと世の中の役に立つ、困った人の助けになればと発信し続けていけば、土台が完成していくのですね。

ただ指をくわえて見てるだけかと言えば、目の前の出来ることは全力で活用していったほうが良くて、特性で記事に合ったリンクなどは違いますけども、迷惑のかからないリンクを厳選するところまでは個人の力でも可能です。

そこから先のレバレッジをかける方法があり、スーパーアフィリエイターのように実績と長い経験がないと契約できないASPや特別な単価を貰える方法あります。

それはアフィリエイトフレンズという場所に無料登録することで、数万規模の会員による交渉がASPに行われ、破格の特別単価が同じ条件の紹介していく広告に適用されてるため、登録して特別単価の出てる商品を選ぶというので報酬を得る際の差がつくのですね。

10倍付くような商品なら、普通は10個売らないといけないのに、一個売れば10個分売ったのと同じ報酬になります。手間は同じです。これがレバレッジと言われる物で、投資のFXで使われますが、向こうはリスクも10倍こうむるというデメリットがあるんですね。

時間は有限なので、同じ条件でリスクも無いなら、なるべくレバレッジがかかることをしていくほうが有利となります。

全般ランキング

タイトルとURLをコピーしました