玄空風水は運気も味方につけてマインドの次元を上昇させる

風水

成功者になってからもなる前からも運を重要視している

インドにも風水があり、起源はこちらで始まり中国へ移行しかなりの発展を遂げました。風水に限っていえば、現在、主に巷で流通してるものは意味を成してないものもあり、恐れられている鬼門は、それほど関係ないということも言えます。鬼門の方角と本物の風水で悪いとされることが重なってしまうと非常に悪いため、鬼門とか裏鬼門などの恐れる固定観念があると余計に怖いと思い印象に残るため、経験した人は恐れて疑わなくなるんですね。

大幅に運気を切り開いていく方法に、吉方位への転居を繰り返すというものがありますし、巷間でよくある西に黄色いカーテンとは一線を画します。ビルゲイツ氏が行っているのがインド風水でマイクロソフト社に大きく仕掛けが施されています。

ビルゲイツやトランプもしかり、運を味方につけています。トランプは事業家として有名で彼には指折りの風水師がついており、トランプタワーは風水の仕掛けが施されています。彼らが住む住居は風水に則って建築されております。

運というものを研究していく中で運の存在は惑星などの運行なども生活全般に及ぼしているということが分かってきて、実際に太陽活動が弱い時期に大恐慌になったりと経済活動とリンクしていることが分かります。人間のマインドなどに大きな影響が出るのかと思います。

ちなみに今回も太陽活動が非常に弱く、統計がある中でも、今後も弱くなり、マウンダー小氷期に匹敵するようなレベルへと今後はなっていく可能性があります。

戦国時代のように戦乱を恐慌はもたらす特徴があるし、戦争の規模がまったく違うので勘弁ねがいたいものです。

月は地球に近いですし、地球は太陽があるから生命活動ができます。他の惑星からのパワーのバランスが良くて、地球に住めるという奇跡の上に成り立ってるとも捉えることができます。

現代風水必携

そして国単位で見ていくと生き地獄のような苦しい生活を余儀なくされる国があります。一独裁者の自己愛まみれのマインドで不幸の「どん底」を生きなけらばならない理不尽を味わう羽目になる現実が21世紀においてもあるのです。。。

どれだけ才能があっても抜け出せない環境で自己愛という一凶を乗り越えて良質な利他のマインドへと次元を上昇させて、意識の集合体が出来たときに不思議なことなんですが奇跡のような出来事も起こったりすることがあります。

ただ残念なのがマインドが自己愛から抜けられない指導者が多く、軍隊を配備して自己防衛に躍起になってるのは今の世界の現実なのです。これはマインドの次元を上昇させてから見てみると、極めて不幸な世の中になっているという事に気付きます。

次に大事なのが健康です。健康であるから色々なことを快適にこなすことが出来るんですね、健康を損なってしまうと不便になり当たり前だった生活も一変し、グルメがなによりも楽しみだった人が食事制限をする生活になるなど、悩める事象が起こってきます。

健康に関しては環境の要因からストレスで病が発症したり、マインドが悪くなり精神が崩壊してしまって生活を送ることが出来ないほどの不幸を生み出してしまうことが多いのも現実です。

まさに一人一人がマインドの転換を図り次元を上昇することでしか根本的に素晴らしい世の中を現出させることは出来ないと思います。

依存症と借金地獄を味わいました。詐欺の被害や他の依存症の併発とマインドの低下で、そこには地獄しかありませんでした。よく借金ブログで反省の弁の内容を述べてますが、何で地獄に落ちた悪魔の契約である貸し金などの宣伝をしたりするんでしょうか?根本的に治ってないと宣言しているし、実際に抜けた人って本当に少なくて、また繰り返すんですね。

依存症に貸し金の組み合わせは不幸を最大化させる製造機です。最初から両方なければそもそも原因が無いので地獄という結果が起こり得ないのですが、それで人生勉強になったり生活が助かったというマヤカシの術中に陥り、さらにそれの広告塔にまでなってしまうことも出来てしまうんですね。こんな不幸ありますか?ということなんですね。

そういったことが確実に良くないということがマインドの次元が変わることで、正眼を得るという最高の贈り物を得て、世の中を見渡していくことが可能となっていくんですね。

一人一人が覚醒すれば、ギャンブルなどの関連業種で就労(人は興味があると職業もそれをやってみたくなる)を辞め、金銭も落とさなくなり、CMも打てなくなり、自然に消滅していくのです。養分を断たないといけないわけです。

現代風水必携

必要なツールではあるが財を貨幣と簡単に考えないことが大事

一番最下層が金なんですね。。。;貨幣というものはツールであり、車が突っ込みやすいところに家を建てれば事故で保険金が入りやすくなったり、災害の多い場所では火災保険が入りやすいように、ときに不幸と引き換えにして入ってくるものであるし、労働の対価で入ってくる分は素直に財とは呼べない場合もあったりします。

身も心も健康であるから労働が出来るという意味でいえば、はたしてどちらが重要か?物事の裏側に本質がある場合も多く、金は災厄を作る原因でもあったりしますし、ここを最第一にもってくるのは危険なんです。

これは貨幣経済だから上位の価値観として上がったに過ぎません。貧乏になると分かりますが、最初は簡単に融資が受けられます。運があると資金繰りから浮上できるきっかけになるのですが、運が悪くなるループに入ると次にマインドがやられます、悪いマインドは悪い結果を引き寄せて現実化が始まります。

やがて、精神面が病み、付随して肉体にも不調が現れだします。

貨幣は増幅装置の役目を果たします。悪いマインドを持った者が使用すれば、より凶悪な結果を作ります。

清く正しく生活していても、倒産の憂き目にあったりして、生活苦になる場合があるかもしれません。そういったときに数ヶ月でも建て直す間のセーフティネットを国でやるべきなんですね。

現行は情報を知らない大半の人が貸し金から借ります。しかし、借金があると現行のセーフティネットからはじかれて路頭に迷います。

ジャンバルジャンがパンを盗んで牢獄に入りましたが、しっかりとしたマインドや仕組みを教えず、路頭に迷わせる借金方法を目立つように宣伝し大量の人が地獄へ落ちているわけです。

セーフティネットが受けれずに最後に食にありつける場所は刑務所です。こんなおかしな仕組みありませんよ。

路頭に迷う仕組みを作り宣伝してる魔の手先の大罪は計り知れないものがあります。

現在の悪弊を見直すためにはマインドの劇的転換が必要となります。

人生の全てを転換するためには、他者に対する「思いやり」を持つマインドを高めることです。それと並行して、自己愛(自己中心や自己防衛)という一凶を手放す努力を常に行うことです。上手くいかない原因は、このマインドバランスが逆になってるときなんです。

現代風水必携

一部階層の中で連綿と受け継がれてきた方法もある

ちなみに運を味方につける超富裕層は古代風水の秘法である「七星打劫」を使用し、その方法が使用できる家を建築し施せる建て方や角度に設計して120年分の未来の、富貴双全の気を強奪する手法を使ったりする訳ですね。凝縮されたあらゆる運が味方につくわけです。

建築してから20年経つタイミングや20年ごとに切り替わる大運の際に吉方位吉日をしっかりと狙って、風水パワーの得られる環境の場所にまた七星打劫をきかせる処方をするのを繰り返すことで運を強力に味方に付けていくのです。

資産を得られるようになったら、口伝のみで伝わってる流派もあり、なかなか表に出て来ない情報があります。四柱推命で自分の運の良い時期を狙い、風水条件の揃ったエリアを見つけ出し、吉日吉方位にて風水建築をしたら、ベストな引っ越しなどの運に投資していくのが大事だということが分かります。

現代風水必携

四柱推命で空亡(大殺界や天中殺)と言われる時期、厄年(太歳併臨)、五黄殺方位(大凶)、干支での沖、一つでも良くないのですが、引っ越し先での形勢も悪かったり(寺の門と自宅の門が向き合っている、線路沿いなど)、こういったことが重なるほど危険で容易に亡くなるレベルの災厄に発展するので、非常に気をつけたい部分なんですね。


風水ランキング

SNSフォローボタン
運が大事をフォローする
風水
シェアする
運が大事をフォローする
運の影響力が強まる時代から玄空風水と運上げの方法